一人前はまだ遙か先

今日は落語の日なのです。

学校の授業では習うが生の落語を聴いた事がない子供が多いのです。

そこでプロの落語家さんを呼んで実際に実演も兼ねて聴くようになったそうです。
テープと違って生なので面白い所もあるのです。

落語は古典を中心に行っていまして覚えるのが大変なのです。
師匠から口で聴いて覚えていくので大変でもあるのです。

小学生で落語をしている子もいるのですが難しい古典落語をやっているので凄すぎます。

更に最近は創作落語をする人もいまして身近にあるものを利用して落語にしているのです。
中には話題になった事でも取り上げている人もいます。

プロの落語家さんになるのには弟子入りをしますがこれが大変なのです。

と言いますのも家の手伝いや師匠さんの落語の勉強など色々とやる事もあるのです。
着物のタタミ方も教えるので普段はしない事がたくさんあるのです。

高校卒業位から志願をしていていましたが、最近は大学生でも志願する人もいますので狭き門だと思っています。
真打まで上がるのは苦労はしているので頑張っている人もいます。

こういったプロの大会だけではなくアマチュアの落語もしているのです。
上方落語の普及を目指して大会をしているので育成になっているのです。

こうした大会もある中では学ぶ事も出来る事もあるのです。
特に文化教室ではやっている所があるのです。

落語の本になった物もあります。

つい数年前までは魅力がなかった落語ですが上方落語専用の寄席が出来た事で活気になっと思われています。

それに落語協会も負けられないと最近では力を入れています。
これからどう増やしていくのが気になっています。

子供に聴いて落語がきっかけでしてほしいと思われています。