絵を買う人なんて、いない。はずだ。

ラーメン作ったから食べろ、と言われても、
人間、食べられる時と、食べられない時というものがあります。

たまたまちょうどよく、おなかがすいていた。
たまたまちょうどよく、ラーメンが食べたい気分だった。
スープの味も、麺の太さも、麺にのっかってる具も、
ちょうど偶然、自分の食べたい好みのものだった。
予算としてもバッチリ。じゃあ食べよう。

そんな偶然が発生することは…
まあ、ラーメンなら、時々、あるかな。
食品は生活必需品ですから。

今日は絵を買いに行こうと思った。
絵のサイズもテーマも描き方も画風も、
なんもかんも買うのにちょうどいい絵があった。じゃあ買おう。

…なんてこと、日常生活で、ありますか?!

そもそも生きてるうちに、一回でも、
今日はお金を出して絵を買おうなんて
気分になること、ありますか?

私は何度もありますが、買った品も自宅にありますが、
それは日常生活では起きない、特殊な状況というものです。

もし絵が日常生活に欠かせない買い物なら、
スーパーマーケットで、にんじんやティッシュと並んで、
絵が売ってるはずだああ…。