スターウォーズ

そろそろ公開ですかね?

スターウォーズといえばもう世代をこえてファンが多い作品の1つですよね。

私はというと、実はきちんとみたことが無くて、テレビでやってるな~というのを数分眺めた事くらいでちっともストーリーを知らないままオトナになりました(笑)

実家は揃ってスターウォーズが好きなので、DVDやらグッズやらと身近にものはあったんですが、不思議と私は引かれなかったのですよねぇ。

シリーズとしても多くでているので今からでも見れば楽しめるのかなとは思うんですが、なかなか映画を数時間分みるという気持ちにもなれず、時間もそこまで無いなと思いつつ。

ディズニーランドにスターウォーズの乗り物があったと思うんですが、あれもいまいちストーリーがわからないし、キャラクターが出てくるのも金色の人と白いロボットという認識です。

やはりの人気作品の為か、様々なところでコラボという形で見かけるので知らないのがちょっと恥ずかしくなってきています(汗)

星のストレンジャー

人間の味覚が、その時々で変化したり、
鋭くなったり、鈍くなったりするのと同じで。

楽曲がどう聴こえるか。映画がどう見えるか。

日進月歩というのか、どうか。
日々、年々、変わっていきます。

そうやって長年つきあえる楽曲や映画と、
そうでないものは、もちろんありますが。

暗い! あまりにも暗すぎる!

私が高校の頃。
そう言われた映画のテーマソングがありました。

悲しみよりも悲しい、寂しさよりも寂しい。
そういう内容なので、

これじゃあまりにも歌詞が暗すぎるだろう!
たまったもんじゃない!

と、私と私の周囲が言い出したのです。

まあ…私の周囲全部が、そう言い出すって事は、
「それだけ多くの人数が観にいった映画」
ってことなんですが。

なぜか今これを聴くと、明るくてしょうがない。
疲れ果てた少年を物語る歌詞は、そのまんまなのに。

明るくて前向きで、心地よく優しい。
光に満ちたようなメロディと編曲のせいでしょうか。

何も言わずとも光を感じる。
そういう編曲は、なかなかありません。