あの日

3月11日。
私の感覚ではもう4年経ったのかと。
当時はお仕事がお休みで家にいたので、1人で地震を体験しました。
関東住まいなので、今思えば東北地方の大きな揺れに比べればと思うんですが、当時は恐怖でいっぱいでした。
倒れる靴棚や本、ラックを押さえながら、いつもはつけないテレビをつけてみる。
見たことのないまるで映画のような映像に、聞いたことのない緊急地震速報の音。
電話もメールもつながらず、実家の家族は大丈夫だったろうか?
職場がオンボロビルだった旦那(当時は彼氏)は無事だろうか?
東北の住んでいる友人は生きているだろうか?
何もできないままただただ時間だけが過ぎました。
ようやく連絡が取れだしたが今度は交通手段が無い。
私の知り合いたちは、職場仲間同士で泊まったり、徒歩で帰宅していました。
彼も5時間近く歩いて帰ってきてくれました。
近所の知り合いがいないこともあって、不安だったので帰宅してくれた時は号泣でした。
今でも鮮明に思い出せます。
とてもショッキングな出来事でした。
あれからもう4年。
復興や原発や課題が絶えない国ですね。
大きな地震はまだ予測されていることもあり、きっと生きている間には体験するのかなと考える日でもありました。